小阪皮フ科クリニック

岸和田市春木旭町の皮膚科 小阪皮フ科クリニック

〒596-0005 大阪府岸和田市春木旭町5-17
TEL 072-445-1313

※上記QRコードを読み取っていただきますと、一般の携帯からは携帯サイトが、スマートフォンからは、スマートフォンサイトが閲覧可能です。

お知らせ

掌蹠膿疱症(しょうせきのうほうしょう)の光線治療

掌蹠膿疱症はノドや口の中のアレルギーなどによって、手の平(掌)や足底(蹠)に膿をもったぶつぶつ(膿疱)ができる病気で時に、関節炎も伴います。
アレルギーの検査が重要ですが、原因を特定できないこともあります。ビオチンの内服やステロイドの外用を用います。今回、手のひらの光線治療器(312nm)を設置しました。308nmの紫外線照射機も導入しました。

 

神経痛/カプサイシン軟膏、クロニジン軟膏

帯状疱疹の後に神経痛が続くことがあります。その治療法の一つとしてカプサイシン軟膏を塗布する方法があります。痛みの伝達物質を枯渇させるなどして効果を発揮することがあります。当院でも院内で調合しております。

クロニジン軟膏、神経痛や顔面のヘルペス後の不快感に効果がある場合があり、院内で調合しております。

肢端紅痛症にL-メントール軟膏も使用しております。

 

多汗症 異汗性湿疹

当院ではボトックス治療はおこなっておりません。希望される方に、汗を減らせる可能性のあるアルミニウム水をお分けしております。